YUTO BLOG 美容師でエンジニアのブログ

【業務委託美容師】稼げる?時間は自由?

hairdesigner

こんにちは、美容師でエンジニアのyutoです

業務委託美容師

正社員雇用に比べ、稼ぎのよさに時間の融通が効くということで、若手スタイリストを中心に急激に浸透しました。

  • 稼げるのか
  • 時間は自由なのか

私の経験を基にお伝えしたいと思います。

業務委託に限りませんが、美容師はサロンによっても顧客数によっても大きく変わります。

そんなパターンもあるのね、とお読みいただけると幸いです。

稼ぎの良さは、どこから生まれるのか

まずは正社員に比べて、なぜ稼ぎが良くなる(額面上)のかを知らなければなりません。

一つは毎月〜万円引かれている保険料等が何も引かれていないことです。

参考記事↓↓↓

もう一つはサロンの営業時間の長さです。

9:00〜23:00と長くオープンしているところがたくさんあります。

報酬の決まり方の多くは、技術売上の50%ほどです。

%の違いや、指名料、店販売上など、他にも要素はあると思いますが

単純計算で月に技術売上として100万円売り上げれば、50万円があなたの月の報酬になります。

働く時間が伸びるほど、より多くのお客様を施術できますので報酬も大きくなるということです。

サロン選びの重要性

さて、稼ぎの仕組みをがわかったところで、少し深掘りして行きます。

売上の作り方はサロンによって大きく違います。

ほとんどの業務委託サロンはアシスタントを使わず、マンツーマンでの接客です。
(掛け持ちをするサロンもあると思いますが。。)

働き方を決めるのは「客単価」です。

低単価の場合、集客がかかりやすく回転数を上げて売上を作ります。

求められるものは、スピード感のある施術が求められます。

高単価の場合、回転数でなく質を上げて売上を作ります。

求められるものは、技術力や接客スキルなどの付加価値です。

稼げるのは圧倒的に後者です。

1日に担当できる人数は決まっておりますので、予約が満席だった場合

伸び代は単価にかかっております。

低単価サロンでも稼げるかもしれませんが、時間の余裕を得ることは難しいかもしれません。

どんなライフバランスを思い描くか

稼げるという金額がどれくらいなのかは、個人差があるところですが

多くの場合で正社員の時に比べて、手元に残るお金を増やすことができます。

あとはどんな風な働き方をしたいかです。

一人でも多くのお客様を担当したいのか、一人一人時間をかけて向き合いたいのか。

美容業をガンガンやりたいのか、プライベートな時間を大切にしたいのか。

会社からの保証が欲しいのか、自分で全てやってみたいのか。

迷った時には書き出してみてください。

自分が求めるのはどんな形なのか見えてきますよ!!

まとめ

業務委託美容室では稼ぎと時間を自分自身で決めることができます。

正社員雇用の時に比べて、稼ぎがよくなり、時間の融通が効くようになることが多いでしょう。

しかし、リスクも理解しておかなくてはなりません。

会社からの保証などはありませんし、会社が代わりにやってくれていた手続き(確定申告など)を自分でやらなくてはなりません。

自分でやってみると、多くのことを会社がやってくれていたことに気付くでしょう。

最後にお伝えしたいことは、稼げる!時間も自由に決めれる!とすぐに決めてしまうのではなく、美容師として5年後、10年後にどうなっていたいかを考えて決めてください。

あなたの美容師ライフがより良くなることを願っています。

そしてみんなで、より美容界を盛り上げていきましょう!!

ぜひ私の現在の美容師の形もご参考ください↓

ciao!